ミャンマー投資に見る未来図

ミャンマー投資は、世界で最も注目をされる投資の1つでしょう。
多くの投資家が、ミャンマー投資の今後の展望について、考えているのです。
東アジアの投資先を探した場合、唯一大きな可能性が残されているのがミャンマー投資なのですが、
現状では、ミャンマー投資に参入している投資家はそれほど多くはありません。
原因としては、現在ミャンマーは軍事政権により統治され、それに対して、日米欧が経済制裁をおこなっています。
これにより貿易や投資活動に支障をきたして、ミャンマー投資を困難にさせているのです。
こんな状況の中で、明るい兆しといえるのが中国の存在ではないでしょうか?
経済制裁を行う日米欧に対して、中国がミャンマーに対して積極的な投資姿勢を見せているのです。
中国の狙いは、これからさらなる発展をするためには、ミャンマーの持つ地下エネルギー資源が不可欠であり、
内陸にある中国は、インド洋への出口として、ミャンマーを必要としているのです。
この中国の動きが、今後の展望といえるのです。
ミャンマーはこれまで26年もの間、鎖国状態であり、これからインフラ整備が行われるという期待もあります。
しかし民主化していこう、投資先として俄然注目される地域となりました。
ミャンマーは現時点で経済発展が遅れている状況で、人件費が安く生産拠点として魅力的な国です。
中国などが人件費高騰により魅力的ではなくなりつつある今、アパレルなどの対日輸出が急激に増加しています。
この先、日米欧の経済制裁が解かれ、国際社会との関係改善がなされれば、
投資先としてこれほど魅力的な国はないでしょう。
インフラ整備が整い、輸出環境がと問えばこれから大きく発展していく伸び代あり、
1990年の総選挙、2008年の新憲法制定、2010年の総選挙、新政研の誕生で、
ミャンマーは大きく変わったことを意味しています。
ミャンマー政府の方針は、輸出で稼いだ外貨の範囲でのみ輸入を認める制作ですから、
ミャンマー投資には高材料といえるでしょう。
貿易収支は8年間黒字を維持し、更には天然ガスの輸出など、明るい展望が開かれているのではないでしょうか。

関連記事