ミャンマー投資をするなら環境に注目しよう

ミャンマー投資をする上で大事なのが環境です。
環境と言っても、単に天然の資源だけでなく、人工的に作られた資源に関しても注目する必要があります。
ミャンマーは、ここ最近までは欧米の支配下におかれており、大幅な経済制裁を受けていたので、経済成長が見込めないような状況でした。
しかし、独立後は一気にミャンマーの民主化も進み、急速に経済も成長していき、環境も整備されるようになったのです。
元々ミャンマーは、森林を始めととした天然資源は豊富にありました。
しかし一方で、インフラ設備のような人工的な資源に関しては不足していたのです。
民主化になってからは、インフラ整備を始めとした環境整備に力を入れるようになりました。
交通状況はもちろん、情報や機械類もどんどん発達していき、どんどんミャンマー投資の方も活発化していったのです。
ただ、それでもまだまだ環境整備が遅れている部分もあるので、これからの発達に期待していきたいと思います。
そうなれば、よりミャンマー投資の方も活性化していくことが見込まれます。
今後は、都市部の拡張と開発が課題となるでしょう。
また、ミャンマーの場合は今でも少数民族が多数残っているので、反対運動もかなり盛んに行われているので、それをどう対処するかも大きな課題となります。
いずれにしても、天然資源は豊富にあるミャンマーですから、いかに人工資源をさらに充実させていくかが、今後のミャンマー投資の大きな着目点だと言えます。
状況に1つで、ミャンマー投資に大きな影響を与えるかもしれないので、投資家にとってはミャンマーの情報は常に仕入れておきたいところでしょう。
また、ミャンマーはもちろんですが、その他隣国や、あるいは欧米の経済についても目を通しておく必要があります。
それらの国との関連性が強い国ですから、それらの国の経済状況がミャンマー投資に大きな影響を与えるのです。

関連記事